つみき

不動産会社で理想の物件を発掘しよう|暮らしやすい住まい探し

税金と不動産

つみき

相続税務対策について

相続税対策はよく議論される問題です。実際に有効な対策方法はあまりないのですが、生前贈与が挙げられます。毎年課税対象とならない額を親族に分け与えると死亡する3年前よりも以前の分は非課税となります。また、現金や証券でもっているとその金額がそのまま評価額として相続税の対象となりますが、土地など不動産を購入すると土地の相続税評価額は購入した金額より低くなります。また、土地を貸すとより評価額が下がるので相続税の課税対象とならない額まで下がったり、税を払うことになってもわずかで済むことがあります。このように不動産を購入することは相続税対策として注目されています。またマイホームを相続する場合には8割がた税金が軽減されます。

相続に対する心構えについて

相続財産は故人が残された親族のために残してくれた財産なので、出来る限り税金でもっていかれないようにしたいものです。そのために故人がどのような財産を所有していて相続されるのかを把握しておくことが大切です。現金・証券がほとんどなく、土地や建物と言った不動産が多い場合には一番大変です。相続税は現金で納税しなければならないため最悪の場合せっかく残してくれた不動産を手放さなければならない事態となります。そうならないためにも早めに他の対策方法を考えるために財産の内容を把握する必要があります。これは故人だけでなく親族もそろって検討することが無難で、後々もめることを回避出来ます。また相続税は故人が亡くなってから10か月以内に納付する必要があります。

Copyright © 2017 不動産会社で理想の物件を発掘しよう|暮らしやすい住まい探し All Rights Reserved.